レーザー治療について

女医

レーザー治療は皮膚科や美容外科が主

レーザー治療はいろんな外来で行われている治療になります。その多くが美容外科であったり、皮膚科といった外来が多いでしょう。その理由としては、メスを使わずにレーザーの光の力で患部の処置ができるため患者に対しての負担が少ないためです。患者の状態によってはメスを使ったり、その他の方法が適していることがありますがホクロの除去やシミ取りなどのものは圧倒的にレーザー治療のほうが患者に選ばれているのです。また、レーザー治療自体は傷跡が残りにくいというメリットもあるため、顔の処置に関しては特に女性から支持を得ています。

歯科でもレーザー治療は取り組まれている

レーザー治療は皮膚科や美容外科で行われているものがほとんどですが、最近では歯科でもこの治療を取り入れていることが多いです。歯科で歯の治療をする際に歯茎が炎症していたり、化膿して膿んでいたりすると小さなメスや専用のハリのようなものを使って処置することが多かったのですが、患部に直接メスやハリのようなものを使用すると当然患者にも痛みが伴います。そうさせないために麻酔などを施していますが、それでも現状痛みが発生することが多いのです。しかしレーザー治療を導入することにより、患部に触れることなく治療ができるので無理に患部を圧迫することを避けることができます。このようにレーザー治療は様々な外来で使用されており、また使う場所や用途によって目的も変わってきます。しかし、レーザー治療がもたらしてくれる恩恵というのは患者にとっては痛みの軽減や治療の効率化という部分で大きく影響しているのです。